滋賀の誇り、琵琶湖では免許を取ったら何を釣りに行ける?

琵琶湖

滋賀県の大部分を占め、広大な面積を占めている琵琶湖ですが、釣りスポットとしても非常に有名であるということをご存知でしょうか。実は、琵琶湖では釣りによって様々な種類の魚を釣ることができ、特にブラックバスが釣れるということで釣りを趣味とする人たちの間でとても人気が高く、休日には全国からたくさんの人が訪れる人気スポットです。そのため、特殊小型船舶免許や1級小型船舶免許を保持している方には非常におすすめの場所です。それでは、実際にこれらのボート免許を取得した場合、具体的には琵琶湖ではどのような魚を釣ることができるのか、簡単にご紹介させていただきます。

まず、琵琶湖は非常に広大な敷地面識を誇るので、いくつかのエリアに大まかに分類することができ、最も北側のエリアから時計回りに、湖北エリアと湖東東近江エリア、湖南エリアと大津志賀エリアと湖西エリアという名前が付けられています。いずれの場所であってもブラックバスを釣ることが可能なので、一番アクセスしやすい場所を選ぶのがおすすめです。そして、それぞれのエリアの中でもそれぞれ特に吊りやすいスポットが存在するので、事前に調べてスポットの特徴にあった道具を用意するとさらにブラックバスを釣ることできる確率は高くなるでしょう。

ブラックバスがあまりにも有名な琵琶湖ではありますが、特殊小型船舶免許や1級小型船舶免許などのボート免許を持っている方であれば湖畔からだけではなくボートから釣りを楽しむことができるため、ライバルも減りますしその分マイナーな魚との遭遇率を上げることができる可能性もあります。琵琶湖で釣ることができる魚としては、ブラックバスの他にもブルーギルやライギョ、コイやトラウトやナマズなどもあるので、飽きずに釣りを楽しむことが可能です。そして、地元では有名な食べることができる、ビワマスやコアユやハス、スジエビやイサザなどのあまり有名ではないものの食用として非常に価値のある魚が釣れる可能性もあります。

このように、滋賀県の誇りである琵琶湖においては、ボート免許取得後にボート釣りを楽しむことができ、知名度の高いブラックバスの他にも様々な種類の魚が生息しています。敷地面積が非常に広いため、ボートを使用することでより広範囲で釣りをたのしむことができるので、1級小型船舶免許や特殊小型船舶免許を取得した際には、一度琵琶湖でブラックバス釣りに取り組んでみてはいかがでしょうか。