ボート免許に必要な海図の解き方

ボート免許を取得するためには学科試験に合格する必要がありますが、祖の出題範囲の中には海図に関連する問題も含まれています。海図についての基本的な知識は、一般的な学校などでは習うことはないことなので、必ず試験前には専用の対策をしなければなりません。ただ、今まで一度も海図について勉強したことが無いという人がほとんどだとは思いますが、コツさえつかめばそれほど難しいものではないので確実に得点できるように演習すべきです。海図問題の解き方のコツや、解くために用意しておくべき道具などについて、簡単に解説させていただきます。

まず、ボート免許試験の海図問題を解くためにはコンパスと三角定規を用意する必要がありますので、もし家に無い場合には新しいものを購入しましょう。三角定規は2枚用いて図の上を平行に移動させるため、できるだけ大きめの物を選択するとより短い時間で問題を解くことができます。一方で、コンパスについてもできる限り大き目の物がある方が望ましいですが、もし見つからない場合には小学校で使用するような一般的な大きさの物でも代用可能で、片方が鉛筆になっているタイプでも両方とも針になっているタイプでも使用可能です。ただし、より大きいコンパスを使用する方が簡単に距離を測定することができるのでおすすめです。

そして、道具を用意できたら市販の参考書などを用いながらいくつか演習問題を解いて、基本的な動作について練習を積みましょう。三角定規とコンパスを正しい方法で有効に使うことができれば、比較的容易に解き進めることができますし、ボートの速度と移動距離と所要時間の関係をしっかりと理解して計算することで、答えまでたどり着くことができます。回答する際には海図特有の若干紛らしい部分でケアレスミスをしないように気を付けるとより確実に得点することができ、たとえば経度の目盛りと緯度の目盛りを混同してしまったり、時間計算をミスしてしまったりしないように気を付けるべきです。参考書の中にはDVD付で実際の解き方の様子を動画で確認できるものもあるので、適宜参考にすることをお勧めします。

このように、海図の解き方は一見難しそうには見えますが、正しい道具を用意して、基本的な操作方法を理解して解くことで比較的簡単に得点を取ることができる分野です。そのため、ケアレスミスには気を付けながら丁寧に落ち着いて解くように心がけると良いでしょう。