ボートを買うのに必要な届け出と手続き

ついに憧れの自分のボートを購入したのですぐに使用したいと考える方は多いですが、実はボートは購入した後に所定の手続きを行わなければ海で使用してはいけない決まりになっています。このことを知らずに勝手に使用を始めてしまうと、法律違反で罰金を取られてしまうことになるので、事前に届け出の方法についてしっかりと調べて、購入後忘れずに手続きをするようにしましょう。ボートを新規購入した時に必要な届け出の概要について、簡単にご説明させていただきます。

まず、大きく分けて必要な手続きは2種類あり、1つは日本小型船舶検査機構にボートを登録する手続きのことで、もう一方はボートの初回定期検査を実施するための手続きです。ただし、これらの書類手続きは一般的な人に対しては非常に理解するのが複雑であり、手間がかかることが多いため、最近では実際に購入した持ち主ではなく、ボートを販売している販売業者などのスタッフが代わりに実施してくれる場合が多くなってきています。この場合は、代理人による申請にあたるため、本人が申請する場合と若干内容が異なるため注意が必要です。

代理人が登録手続きを代行する場合には、委任状と印鑑証明書を用意する必要があり、委任状は日本小型船舶検査機構のホームページからダウンロードすることができます。委任状には実印の押印が必要であり、印鑑証明書は現住所の市区町村で取得する必要があります。ただし、法人が所持するボートの場合には法務局が証明した印鑑証明書が必要なので、注意が必要です。新規登録手続きが無事に完了すると、登録された内容を確認するための登録事項通知書が交付されるので、その内容に間違いがないかを確認しましょう。

そして、初回の検査に無事合格した場合には船舶検査昭栄所と船舶検査手帳、船舶検査済み表及び次回検査時期指定表が交付されるため、これらの書類を代理人から受け取ります。船舶検査済み表及び次回検査時期指定表はボートの両側飲みやすい位置に張り付けておく必要があるので、適切に貼り付けをして常に提示できるようにしましょう。そして、その他の交付書類も航行時には携帯しておくべきなので忘れないようにまとめて保管しておくのがおすすめです。このように、ボートの登録等の手続きは委任状と印鑑証明を用意することで代行者に任せることができるので、申請前に必要書類を準備することと、交付された書類を適切に保管することに気を付けましょう。