ボートも買いたいし、ボート免許をより安く取るための教室選びのコツ

限られた予算で新しいボートも手に入れたいし、ボート免許も取得したいという人は、できる限り安くボート免許を取る必要がありますが、お手軽な値段でボート免許を取得するにはどうしたらよいのでしょうか。主に、方法としては3パターンあるのでそれぞれの特徴をご紹介させていただきます。

まず、最も値段がかかる方法ではありますが、登録制の小型船舶教習所に登録する方法があり、この方法ではボート免許の種類によっても異なるものの、だいたい総額で100000円から160000円程度の費用が必要です。教習所に通うことのメリットは、法律で定められている一定の時間の教習を教室の教師が実施するので、その教習を受けたすぐ後に審査を受けることが可能という点です。さらに、実技試験についても同様に法律で定められた時間の講習を教室で実施してもらえて、その後すぐに審査が受けられるため、操船感覚を保ったままの状態で近くの審査会場での審査に望むことができます。そして何よりも国家試験免除となるため、その受験にかかる費用や時間は節約することが可能です。教習所で取得する場合には国家試験免除となるため最短で2日間あればボート免許の取得ができるので、多少お金がかかっても良いので急いで免許を取りたいという人にはおすすめです。

それに比べて比較的安いのが免許教室を活用する方法であり、教習所に登録するよりは少しだけ安価の70000円から130000円程度でボート免許を手に入れることができます。教室に通うことのメリットは、意外と面倒で手がかかる書類申請などを代行して行ってもらうことができるという点や、学科と実技の両方をより効率よく要点を抑えて習うことができるという点があります。それぞれの教室によっても授業内容は若干異なり、料金もまちまちなので、いくつか比較してより安い教室を選択するというのも1つの手段です。

最後に、最も安くボート免許を手に入れる方法は、独学であり、教室や教習所には一切通わずに市販の参考書などを活用して自分自身で勉強する方法です。独学の場合には、教室に支払う料金が一切かからず、国家試験を受験するための受験料と参考書の料金のみで負担がすむので、おおむね総額30000円から40000円程度あれば足ります。このように、ボート免許の取得方法はいくつかあり、それぞれメリットや必要となる費用が異なっているので、自分の予算などに合わせて検討すると良いでしょう。